海外からのM&A 「中小企業のM&A活用事例集」を読んでみよう!

Pocket

公開日:2023年5月18日 /最終更新日:2023年5月18日

「中小企業のM&A活用事例集(「対日M&A活用に関する事例集~海外資本を活用して、企業変革・経営改善・飛躍的成長につなげた日本企業のケーススタディ~」)」を読んでみよう

経営者の皆さんはM&A(合併・買収)に興味はあっても、自社には関係ないと思っていませんか?
実はM&Aは中小企業にとっても有効な経営戦略の一つです。
M&Aを活用することで、事業承継や海外展開、人材育成などの課題を解決したり、新たな成長機会を創出したりすることができます。

しかしM&Aには様々な種類や手法があり、自社に合ったパートナーを見つけるのも容易ではありません。
またM&Aにはリスクやコストも伴います。
ましてや海外からのM&Aなんて、と思ったことはありませんか?

そこで経済産業省が発行した「対日M&A活用に関する事例集~海外資本を活用して、企業変革・経営改善・飛躍的成長につなげた日本企業のケーススタディ~」 を取り上げてみたいと思います。

この事例集は対日M&A(外国企業や海外プライベートエクイティファンドによる日本企業へのM&A)を実施した20の事例を紹介しています。
大企業だけでなく地域の中堅中小企業やスタートアップ企業も含まれています。
また対日M&Aを実施した企業が直面していた課題やメリット、留意点なども掲載されているので、中小企業の皆様にも身近な事例にと思われると思います。

この事例集は対日M&A案件に焦点を当てた事例集の作成は、実は経済産業省として初めての試みです。
対象会社の業種や地域、買い手の国籍等のバランスを考慮して、事例を選定しているようです。

この事例集を読むことで、

  • M&Aの概況や傾向を把握することができます。
  • 自社に近い規模や業種の事例を参考にすることができます。
  • M&Aの成功事例だけでなく、失敗事例や苦労話も知ることができます。
  • M&Aのプロセスやポイントを学ぶことができます。
  • M&Aに対する漠然とした不安や疑問を解消することができます。

というメリットがあります。

では、具体的にどんな事例が紹介されているのでしょうか。以下にいくつかピックアップしてみました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去ブログ抜粋

  1. 2社のその後に学ぶ「M&Aを決断する」ということ

  2. M&A・業務提携ニーズ一覧【20201020】

  3. トップ面談とは

  4. 2023年全国企業の「休廃業・解散」動向調査と「倒産」動向

  5. M&Aで自分の会社を少しでも高く売るために!

  6. デューデリジェンス(DD/買収監査)について