弊社の特徴

Pocket

説明をし尽くす

「説明を行う」。これが我々アドバイザーに求められている根幹であると考えております。仲介者は制約を優先するあまり、情報を故意に出したり、誇張して説明することが立場上できてしまいます。そのため後でクレームや訴訟に発展している企業もあるように仄聞しております。
我々は誠実に、正直に説明を行うことが、そのようなトラブルを避けることだと信じております。そのため、聞かれないこと、顧客にとって嫌なことも事前に説明いたします。その結果として成約に結びつかないこともあるかと思いますが、成約を優先してトラブルになるより、誠実に対応して成約に至らない。そういう組織文化でありたいと考えております。

 

最短成約実行、約60日

大企業、特に上場企業では社内での意思決定や取引先のとのしがらみがあり、意思決定が遅れます。弊社は緊密に連携できているため、そのようなことがございません。
M&Aはタイミングに左右される要素も多いことから、完全を期して時間をかけることが必ずしもいいとは限りません。もちろん時間をかけた方がいい場合は、その旨も事前にご説明いたします。

 

圧倒的な数の買い手候補

大手仲介業者によっては、制約を優先するあまり「売りやすい」特定の買い手企業を紹介し、他の買い手を紹介しない会社もあるように仄聞しております。
弊社は、既存のストロングバイヤーだけではなく、その他、マーケットに顕在化していないオーナー企業も含め、広く提案を行います。
買い手候補を増やせば増やすほど、条件面で売り手様には有利になります。
提案先を増やし、その中で売り手様のお考えに即したスキームを提案いたします。

以下、弊社で把握している業種別買い手候補数です。

業種別の買い手リストはこちら

 

誠実さ > 売上 をカルチャーとする組織

今まで築いてきた事業、企業を手放すことにより、売り手様には経営やライフプランの選択肢が増えます。ただしそれはM&Aがトラブルなく成立するという条件付きです。
譲渡対価が過少になれば他の買い手がいたかもしれません。過剰であれば残った役職員が過大な負荷をかけられます。役員としてそのまま残って経営に専念することができたかもしれませんが、その説明がないまま退任してしまうかもしれませんし、従業員の労働条件が不利益変更されてしまうかもしれません。取引先との契約条件を見過ごしたままM&Aを行ったことにより、取引がなくなり、買い手からクレームを作られてしまうかもしれません。
我々は事前にそのトラブルが発生しないよう「誠実に」助言を行い、選んでいただいた選択肢が適切だった、納得できる、と思っていただくために全力を尽くします。お気軽にご相談いただき、お打ち合わせしていただいた上で選択肢を提供するため、我々は着手金無料、中間金無料、完全成功報酬制という報酬システムをとっております。

M&Aについて相談してみる

各項目を入力し、「送信」ボタンを押してください。

    電話:03-4500-7730
    FAX:03-6264-8166







    日本財務戦略センター
    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町一丁目1番8号 3A