報酬体系

Pocket

目次

明朗な料金体系

私共は最初にご相談させていただいた際に、お悩みに沿った提案を複数行います。「株を売りましょう」という一方的・一面的な提案や、高額な手数料を後出しでお伝えし、強引な契約を迫ることは一切いたしません(するような担当者がいたら当社代表宛にお申し出ください)。
また完全成功報酬制を基本としているため、当初に高額な一部金の支払いを行うことはございません(社外取締役派遣など、月額を基準としたサービスは除く)。
特にM&A仲介については、他社と比べても低廉に、同一のサービスを、当初にご納得いただいた金額で対応いたします。

サービスおよび料金

1.M&A仲介手数料はレーマン方式を採用

最低報酬(取引対価に対して)700万円
0円~5億円以下5%
5億円超~10億円以下4%
10億円超~50億円以下3%
50億円超~100億円以下2%
100億円超1%

注)取引対価については法人譲渡の場合は株価の他、有利子負債を含む。また事業譲渡の場合は、譲渡対価に対して消費税を乗じた金額についてかかる。なお難易度に応じて最低報酬は変動します。

<ご参考:手数料比較表>

参考サイト:「M&A仲介会社の手数料」上場・非上場4社との比較!

2.企業再生(事業再生)ワンストップサービス

TMI総合法律事務所と連携し私的整理を基本としたスポンサー探索を行い、法的整理や債権者主導の私的整理よりも債務者にとってメリットのある再生を行います。
着手時に650万円(税別)を基本としますが、金額は難易度によって事前に相談させていただきます。

    電話:03-4500-7730
    FAX:03-6264-8166







    日本財務戦略センター
    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町一丁目1番8号 3A

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    過去ブログ抜粋

    1. M&Aを行ったときには気を付けよう、グループ法人税制!

    2. <金融機関の視点から見る>ポストコロナを見据えた救済型M&Aについて

    3. 「数倍の価値はあったのに」「そんな…」160年続いた家業、仲介業者に“一晩のうちに買い叩かれた”あまりに低すぎる譲渡額【税理士が解説】、についてM&A仲介が解説

    4. 地域経済活性化支援機構(REVIC)とは

    5. 日本政策金融公庫を使ったスモールM&Aのための資金調達!・・・と疑似PEファンドの組成?

    6. 東京都事業承継・引継ぎ支援センターでの譲渡相談の増加