ある経営者からの手紙 ~悩まれている経営者様へ~

Pocket

公開日:2023年10月18日 /最終更新日:2023年10月19日

悩まれている経営者の方に、先日、弊社でM&Aのお手伝いを行った元経営者の方からお礼のお手紙をご紹介したいと思います。
このコラムに興味ある方の中に、同じように現在進行形で経営の先行きに悩まれている心境の経営者もいると思います。
そう考えて、頂いたお手紙を許可を得て一部修正のうえ転載しました。
このようなお手紙をいただくのは弊社も励みになります。
同じ境遇の経営者の方々にも感謝されるようなサービスを今後も引き続き提供していきたいと気持ちを新たにしました。
会社経営にお悩みの方は是非ご一読ください。

ある経営者からの手紙

先日は弊社のM&Aを行っていただきありがとうございました。
私は自分の会社を愛していましたが、だからこそ当時は何をすべきかわからず悩んでいました。
何年も苦労してこの会社を育ててきましたし、会社の従業員やお客様とも深い関係を築いてきました。
私はこの会社がなくなるということを考えることができませんでした。

ですが当時、会社は危機に瀕していました。
新型コロナウイルスの影響で売上が激減しましたし、借金も膨らんでました。
売上が悪化していたためゼロゼロ融資を最後に、銀行からの追加融資も期待できませんでした。
たぶん債務超過になりかけていたと思います。

当時の私はどうすればいいのか分かりませんでした。
会社の将来に展望を見いだせず、廃業するべきかそれとも自己破産をしないといけないのか、いつも悩んでいました。
どちらにしても、追加で多額の費用を支払う必要があることは薄々知っていました。
廃業するにも借入金の返済や廃棄物処理の費用が必要ですし、自己破産するにも弁護士費用や手数料が必要です。
これ以上の融資が受けられない以上、私はどこからそのお金を捻出すればいいのか悩んでばかりでした。
借金の返済は抵当に入れている自分の財産を売り払っても足りませんでしたし、破産など家族や友人に相談することもできません。
そもそも会社を無くすということを私は誰にも相談できませんでしたし、死にたいと思っていたことも一度や二度ではありません。

毎晩眠れず、頭痛や胃痛に悩まされて、食欲もなくなりました。
私は酒に逃げることもできませんでした。酒を飲むと吐いてしまうからです。
この問題から逃げ出したかったですが、どうしたらいいかわかりませんでした。
でも
経営者である以上向き合わざるを得ませんでした。

そんな中、御社に相談することで私が費用を持ち出しせず、会社を引き継ぐことができると知りました。
おかげさまでM&Aでいいお相手をご紹介して頂くことができて感謝しています。
従業員やお客様にも迷惑をかけることもなく、毎日悩んでいたあの日々が嘘の様です。

聞くは一時の恥と言いますが、あの時勇気を振り絞って相談したことで今は本当に楽になりました。
会社を手放したことは少し寂しいですが、気持ちが楽になったことはそれを差し引いても余りあります。
いいお相手をご紹介して頂き本当にありがとうございました。
おかげさまで今でも顧問として会社に携わることができますし、相談した決断は間違っていなかったと思います。
今後の貴社の発展を心から祈念しております。

政府が中小企業M&A支援を行う背景
小規模M&A向け表明保証保険「M&A Batonz」についての解説
「M&A仲介への不信感4選」
仲介かFASか
「M&A仲介会社の手数料」上場・非上場会社との比較!
M&Aで会社を譲渡する際に失敗しないための21のポイント!
売り手がM&Aを始める前に確認すべき5つのこと
【年倍法】M&Aの「価格」と「価値」の違いとは
「御社を買いたい人がいるから売ってくれと言われているが本当か」問題
M&A仲介会社の「業界最安値」手数料問題とは
仲介会社が入る意味とは
「M&A仲介と契約を結ぶ前に。テール条項には気をつけろ!」
「中小企業庁から学ぶ! M&A仲介業者の見極め方」
「中小企業庁から学ぶ! M&A仲介業者の見極め方2」
日本政策金融公庫を使ったスモールM&Aのための資金調達!・・・と疑似PEファンドの組成?
コロナと資金調達と資本性劣後ローンの活用と
M&Aで自分の会社を少しでも高く売るために!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去ブログ抜粋

  1. 資金繰りでお悩みの経営者は何をすべきか

  2. 「中小M&Aガイドライン」改訂の概要

  3. M&Aで自分の会社を少しでも高く売るために!

  4. 債務超過企業の取る経営戦略について(私案)

  5. 日本政策金融公庫を使ったスモールM&Aのための資金調達!・・・と疑似PEファンドの組成?

  6. <買い手向け>M&Aを行うためにはどうすれば?