代表者挨拶

1999年4月 国立大学法人京都大学経済学部入学
2004年3月 同学部経営学科卒業(マーケティング専攻)
国内損害保険、上場M&A仲介会社などを経て、株式会社日本財務戦略センターを設立し、代表に就任。

代表取締役 五十嵐 悠一

私は起業を志してから、数百人の経営者とお会いしてきました。

その中で感じたことは、経営者は個人保証などのリスクを背負いながら、取引先や従業員に接しなければならない。
重圧や孤独感にさらされる中で、一人で決断しなければならないことが多々あるということでした。

また気軽に相談する相手も少なく、日々の業務に追われ、専門的な知識を得る機会を作る時間も難しいこともあるということも承知しております。

外側から見ていて「こうしたら上手くいくのに」と感じたことも多々ありました。
営業を行う中で、選択と集中のための資本提携やリファイナンス等を提案したこともあります。
実際に思った通りに行って喜んでもらえた時は私も非常にうれしかったです。

そのような経験を通じ、「株式会社日本」を支える中小企業の皆様の「財務戦略を担いたい」という気持ちから、当社、株式会社日本財務戦略センターを設立いたしました。

不明瞭な手数料体系で無理な契約をを行うとはいたしません。
また社員も少人数ではありますが、この設立趣旨に賛同してくれた人材を集めております。
「売らんかな」ありきの営業一辺な人間は社員にはおりません。
もしそのような担当がいたら私に直接ご連絡ください。

私ども日本財務戦略センターでは、目先の収益ではなく、長期的な取引を行うことにより収益を上げる構造をとっております。そのため目先の収益になりそうな話であっても、先方にメリットがなければ、当社では「今はやめておきましょう」であったり「そもそもなぜこれをやる必要があるんでしょうか」というような発言をいたします。
他社ではそのような発言はないと思います。

私共と皆様の長期的な発展のため、嫌なことや率直な意見も申し上げることはあろうかと思います。ただし真摯な気持ちから申し上げていることをご理解いただけましたら幸甚です。

繰り返しとなりますが当社は明朗な手数料体系で無理な営業を行うことはございません。お困りごとがございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。