業界最安値手数料問題

Pocket

数学会で長年の謎とされている問題の一つに「リーマン予想」というものがありますが、M&A仲介業界でも謎めいた問題として、「当社の手数料方式はレーマン方式を採用しています。また業界最低水準です」と謳っている記載があります。

色々な仲介会社でそのような文言が記載されている印象がありますがさて本当でしょうか?

そもそもレーマン方式って何でしょうか?

レーマン方式については諸説あり、ドイツ人のレーマン博士が考案した方式で、譲渡対価をブレークダウンし、それぞれに料率をかけて合計額を計算するという計算方法です。

例えば4億円の場合、当社であれば2億円の部分と4億円から2億円を超えた分の2億円(4億円―2億円=2億円)に対し、それぞれ10%と9%を乗じ、小計の2000万円と1800万円の合計額である3800万円が手数料になります。

さてレーマン方式については分かりましたが、実際に手数料が最安値となる会社はどこなのでしょうか?
(最低報酬かどうかってレーマン方式ってあまり関係ないですよね・・・。)

結論から申し上げると、「依頼して見積もってもらわないとわからない」というのが実情かもしれません。

というのも、レーマン方式を何に対して乗じるのか、という問題があります。当社の場合は譲渡対価(株価)+リファイナンスを行う負債部分に対して計算します。そのため一見、「株価だけに対してリーマン方式で計算します!」という会社より割高に見えるかもしれません。

しかしこの他に「最低報酬」という概念があります。例えば当社の場合は最低報酬を500万円と規定しており、それを超える譲渡対価(含む負債部分)の場合、レーマン方式を用います。

例えば譲渡対価(含む負債)が4000万円だった場合、4000万円×10%<500万円となるため、最低報酬の500万円が手数料となります。

譲渡対価が6000万円(含む負債)だった場合、6000万円×10%>500万円のため、600万円が手数料になります。

「え? これなら株価にだけ対してだけレーマン方式で5%って書いてある会社の方が安いじゃない! そっちでやった方が得!」と思われる向きもあるかもしれません。

ここで重要になってくるのが「最低報酬」になります。一見、当社の計算式が割高に見えますが、最低報酬が1500万円や2000万円の会社に相談してしまった場合、譲渡対価(含む負債)が1億円の会社だったとすると、当社の手数料1000万円になりますが、先ほどのような会社の場合1500万円や2000万円になってしまい、結果として当社より割高になってしまいます。

またこのような高い最低報酬を設定している仲介会社の場合、成果を反映しない固定報酬制のようなものになってしまうので、仲介会社の担当者は、売り手様の立場に立って交渉しようというよりも、話をまとめるために買い手を優先しようと思う可能性が高いです(固定報酬なら売り手のために頑張ろうとするよりも、譲渡対価を下げてでも買い手との話がまとまればいい、と思いますよね)。。

これと同様のお話として「手数料0円!」をうたっている会社もあると思います。これはなお「タダより高い物はない」と思います。

というのも仲介会社は1件のM&A仲介で収益を上げる手数料金額を想定していますが、売り手からもらえないなら買い手からもらおうと思いますよね。つまり売り手が払うべき手数料も載せて買い手に高額の手数料を請求したいと考えると思います。

とはいえ当然、買い手も買収価格と手数料の合計額でM&Aを考えているので、「はい、わかりました」というわけにはいきませんよね。

そうすると先ほどのお話と同じで、仲介は譲渡対価を下げてでも成約させたい(買い手の立場に立って動く)というインセンティブが発生します。またM&Aは譲渡後にトラブルがないよう譲渡契約をきちんと定めることが何より重要なのですが、買い手側に立った仲介が破談覚悟で売り手のために契約書の落とし穴を指摘するでしょうか。

その意味で、「売り手様から手数料を頂きません!」という考え方は「後出し最低報酬」以上にどうなのかなあと思います。

株式会社日本財務戦略センターでは面談時に譲渡対価の目線とそれに伴う手数料概算額を説明いたします。ぜひご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。