中小企業庁「M&A支援機関登録制度」への登録について

Pocket

株式会社日本財務戦略センターは、中小企業庁が創設した「M&A支援機関に係る登録制度」(中間公表)において、申請内容等の確認ができた登録ファイナンシャルアドバイザー及び仲介業者一覧に掲載されましたのでお知らせいたします。

M&A支援機関に係る登録制度は、中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤を構築する目的で、中小企業庁が創設したものです。

株式会社日本財務戦略センター(代表取締役:五十嵐 悠一 本社:東京都中央区)は、中小企業庁が創設し「M&A支援機関に係る登録制度」(中間公表)において、申請内容等の確認ができた登録ファイナンシャルアドバイザー及び仲介業者一覧に掲載されました。

M&A支援機関に係る登録制度は、中小企業庁が2021年4月28日に中小企業の経営資源を集約し、M&A支援機関の質を担保することで中小企業M&Aを推進するため、今後5年間に実地すべき官民の取組をまとめた「中小M&A推進計画」に基づき創設したものです。

本件登録により、M&A及び事業承継の際に株式会社日本財務戦略センターをご活用いただくことで、事業承継・引き継ぎ補助金(専門家活用形)におけるM&A支援機関の活用に係る費用の補助対象となります。

今後とも「中小M&Aガイドライン」を遵守し、中小企業の事業承継・M&Aを推進していく所存でありますので、何卒ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

【関連リンク】
◆ M&A支援機関登録制度に係る登録ファイナンシャルアドバイザー及び仲介業者の中間公表(第二弾)について
https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2021/210930m_and_a.html

◆ 登録ファイナンシャルアドバイザー及び仲介業者一覧(中間公表(第二弾))
https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2021/210930m_and_a_02.pdf

過去ブログ抜粋

  1. 海外からのM&A 「中小企業のM&A活用事例集」を読んでみよう!

  2. 2021年倒産動向振り返りと2022年予測

  3. M&A仲介会社の「業界最安値」手数料問題とは

  4. 中小企業が持ち株会社化を考える時

  5. コロナ危機後を見据えた「中小企業の私的整理ガイドライン」改定について(推測)

  6. 【日経新聞】コロナ長期化で「息切れ倒産」 ゼロゼロ融資で過剰債務